業績リスト

審査付学術雑誌論文

  1. Hiritoshi Honma, Yoko Nakajima, Shigeru Masuyama, , An algorithm for hinge vertex problem on circular trapezoid graphs, accepted for publication in Journal of Information Processing.
  2. 野中尋史,河野誠也,平岡透,太田貴久,増山繁 , 産業クラスター評価のた めの特許出願の空間的自己相関を利用した技術集積動向分析方法の基 礎的検 討, 日本知財学会誌, Vol.13, No.3 , pp.65-78, 2017.
  3. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, A linear time algorithm for finding a minimum spanning tree with non-terminal set $V_{NT}$ on outerplanar graphs, IEICE Trans. on information and Systems, E100-D, 3 , pp.434-444, 2017.
  4. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama , A linear time algorithm for finding a spanning tree with non-terminal set $V_{NT}$ on cographs, IEICE Trans. on information and Systems, E99-D, 10 , 2016. pp.2574-2584, 2016.
  5. 坂地 泰紀,酒井浩之, 増山繁, 決算短信PDFからの原因・結果表現の抽出, 電子情報通信学会論文誌D, J98-D, No.5 pp.811-822, 2015.
  6. Hiritoshi Honma, Yoko Nakajima, Yuta Igarashi, Shigeru Masuyama, , Algorithm for identifying the maximum detour hinge vertices of a permutation graph, IEICE Trans. Fundamentals, E98-A, No.6 pp.1161-1167, 2015.
  7. Hiritoshi Honma, Yoko Nakajima, Yuta Igarashi, Shigeru Masuyama, , Algorithm for finding maximum detour hinge vertices of a intervaL graphS, IEICE Trans. Fundamentals, E97-A, No.6 pp.1365-1369, 2016.
  8. 坂地 泰紀,酒井浩之, 増山繁, 決算短信PDFからの原因・結果表現の抽出, 電子情報通信学会論文誌D, J98-D, No.5 pp.811-822, 2015.
  9. Hirotoshi Honma, Yoko Nakajima, Yuta Igarashi, Shigeru Masuyama , Algorithm for finding maximum detour hinge vertices of interval graphs , IEICE Trans. Fundamentals, E-97-A, 6, pp. 1365 - 1369 , 2014.
  10. 太田貴久,野中尋史,平岡透, 増山繁, 自然言語処理を用いた特許拒絶理由の統計的 分析と審査プロセス解析への応用, 日本知財学会誌, Vol.10 No.3 71-88 2014(3月).
  11. 木村誠,野中尋史,平岡透,太田貴久, 増山繁, 引用ネットワークを利用した企業のパテントポートフォリオ評価と株価変動との関係分析, 電子情報通信学会論文誌D, J97-D No.3 700-702 2014.
  12. 酒井浩之, 増山繁, 企業の業績発表記事からの重要業績要因の抽出, 電子情報通信学会論文誌D, J96-D, pp.2866-2870, 2013.
  13. 脇坂賢, 増山繁, 乗換駅での対面乗り継ぎ可能な列車組み合わせ数の最大化を目的とした列車への発着プラットホーム自動割り当て, 電子情報通信学会論文誌A, J96-A, 9, pp.614-622, 2013.
  14. Hirotoshi Honma, Yoko Nakajima, Haruka Aoshima, Shigeru Masuyama , A Linear Time Algorithm for Constructing a Spanning Tree on Circular Trapezoid Graphs , IEICE Trans. Fundamentals, E-96-A, 6, pp.1051 - 1058 , 2013.
  15. Hirotoshi Honma, Kodai Abe, Yoko Nakajima, Shigeru Masuyama , Linear Time Algorithms for Finding Articulation and Hinge Vertices of Circular Permutation Graphs , IEICE Trans. Information and Systems, E-96-D, 3, pp.419-425, 2013.
  16. Hirofumi Nonaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yusuke Suzuki, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of the Effect and the Technology Terms from a Patent Document, Journal of Japan Industrial Management Associastion, 63, pp.105 - 111, 2012.
  17. 小林 暁雄, 増山繁 , 日本語版ウィキペディアのカテゴリ階層に着目した日本語WordNet上位下位意味体系の拡張手法, 電子情報通信学会論文誌 D, J95-D, 6, pp.1356-1368, 2012.
  18. Ken Wakisaka, Shigeru Masuyama , Automatic construction of train arrival and departure schedules at terminal stations, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing(Special Issue on ISS 2011: Advanced Production Scheduling), 6, 5, pp.590-599, 2012.
  19. 小泉賢司, 増山繁 , 単線型走行路を用いたAGVシステムにおける総移動距離最小化オンラインスケジューリングアルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌 A, J95-A, 7, pp.635-639, 2012.
  20. 芳田翔一 郎,脇坂賢,増山繁, 余裕時分再配分方式を用いた遅延に対して 頑健な列車計画の生成, オペレーションズ・リサーチ(日本オペレーションズ・リサーチ学会機関紙), vol.57 no.4, pp.218-228, 2012.
  21. 坂地泰紀,増山繁 , 新聞記事からの因果関係を含む文の抽出手法, 電子情報通信学会論文誌D, J94-D, pp.1496-1506, 2011.
  22. 山本 悠二,増山繁 , 決定的な解析と相対的な比較による解析の二側面を持つ日本語係り受け解析, 情報処理学会論文誌, pp.2277-2290, 2011.
  23. 谷口将太,坂地泰紀,酒井浩之,増山繁 , 経済新聞記事から抽出した景気動向を示す根拠表現への極性付与手法の提案, 電子情報通信学会論文誌D, J94-D, No.6, 6, pp.1039-1043, 2011.
  24. 鶴田雅信, 増山 繁, 企業の公式Webサイトからの基本情報属性ページの探索と属性の抽出,, 電子情報通信学会論文誌D, J94-D, 6, pp.977-988, 2011.
  25. Hirotoshi Honma, Yutaro Kitamura, Shigeru Masuyama, An Algorithm for Minimum Feedback Vertex Set Problem on a Trapezoid Graph, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E94-A, 6, pp.1381-1385, 2011.
  26. Hirotoshi Honma, Shigeru Masuyama, Erratum and Addendum to ``A linear time algorithm for finding all hinge vertices of a permutation graph, Information Processing Letters, Vol.118, 18, pp.891-894, 2011.
  27. 小泉賢司, 増山 繁 , AGVシステムにおける総移動距離最小化オンラインスケジューリング, 電子情報通信学会論文誌A, J93-A, 5, pp.336-349, 2011.
  28. 小林 暁雄,増山 繁, 関根 聡 , Wikipediaと汎用シソーラスを用いた汎用オントロジー構築手法, 電子情報通信学会論文誌D, J93-D, 12, pp.2597-2609, 2010.
  29. 鶴田雅信, 増山 繁, レイアウト情報を用いたWebページの主要なDOMノードの抽出法,, 人工知能学会論文誌, 25, 6, pp.742-756, 2010.
  30. 山本 悠二, 増山 繁, 係り元文節からの相対的な距離を反映した統計的日本語係り受け解析, 電子情報通信学会論文誌D, J93-D, 6, pp.1036-1047, 2010.
  31. 小泉 賢司, 増山 繁, 梯子型走行経路を用いたAGVシステムにおけるデッドロック 回復問題の計算複雑さ, システム制御情報学会論文誌, 23, 5, pp.91-104, 2010.
  32. 坂地 泰紀, 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, Cross-Bootstrapping: 特許文書からの課題・効果表現対の自動抽出手法, 電子情報通信学会論文誌D, J93-D, 6, pp.742-755, 2010.
  33. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, A Proof of Unimodality on the Numbers of Connected Spanning Subgraphs in an n-Vertex Graph with at Least $\bigl\lceil(3-2\sqrt{2})n2+n- \frac{7-2\sqrt{2}}{2\sqrt{2}}bigr\rceil$ Edges, Discrete Applied Mathematics, 158, pp.608-619, 2010.
  34. 梅村 祥之, 増山 繁, 公開特許公報の特許権成立の成否に関する テキスト情報を用いた推定手法の基礎的検討, 電子情報通信学会論文誌D, J93-D, 3, pp.389-397, 2010.
  35. 鈴木 佑輔, 横田 隼, 酒井 浩之, 増山 繁, Web掲示板からの質問・回答対応の自動抽出, 人工知能学会論文誌, 25, 1, pp.168-173, 2010.
  36. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Assigning Polarity to Causal Information in Financial Articles on Business Performance of Companies, IEICE Trans. Information and Systems, E92-D, 12, pp.2341- 2350, 2009.
  37. 酒井 浩之, 野中 尋史, 増山 繁, 特許明細書からの技術課題情報の抽出, 人工知能学会論文誌, 24, 6, pp.531-540, 2009.
  38. Hirofumi Nonaka, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Masazumi Ao, Yutaka Hada, Development of an automatic ecotechnology patent search method using text mining, Journal of Ecotechnology Research, 15, pp.23-26, 2009.
  39. 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, テキストマイニングを用いた判例文書の分類および情報抽出, 情報ネット ワークローレビュー, 8, pp.74-85, 2009.
  40. Hirotoshi Honma, Saki Honma, Shigeru Masuyama, An Optimal Parallel Algorithm for Constructing a Spanning Tree on Circular Permutation Graphs, IEICE Trans. Information and Systems, E92-D, 2, pp.141-148, 2009.
  41. Hirotoshi Honma, Shigeru Masuyama, An Optimal Parallel Algorithm for Constructing a Spanning Forest on Trapezoid Graphs, IEICE Trans. Fundamentals, E91-A, 9, pp.2296-2300, 2008.
  42. Peng Cheng, shigeru Masuyama, Formulas for Counting the Numbers of Connected Spanning Subgraphs with at Most n+1 Edges in a Complete Graph Kn, IEICE Trans. Information and Systems, E91-A, 9, pp.2314-2321, 2008.
  43. Masanobu Tsuruta, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, An Informative DOM Subtree Identification Method from Web Pages in Unfamiliar Web Sites, IEICE Trans. Information and Systems, ED, 4, pp.986-989, 2008.
  44. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Cause Information Extraction from Financial Articles Concerning Business Performance, IEICE Trans. Information and Systems, ED, 4, pp.959-968, 2008.
  45. Peng Cheng, shigeru Masuyama, Inequalities on the number of connected spanning subgraphs in a multigraph, IEICE Trans. Information and Systems, E91-D, 2, pp.178-186, 2008.
  46. Hirotoshi Honma, Shigeru Masuyama, On Optimal Parallel Algorithm for Finding all Hinge Vertices of a Circular-arc Graph, IEICE Trans. Fundamentals, EA, 1, pp.383-391, 2008.
  47. 梅村 祥之, 増山 繁, 仕事文推敲支援に向けた連体修飾部不足に対する受容性判定法, 自然言語処理, 14, 14, pp.43-65, 2007.
  48. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, A Polynomial Time Algorithm for Obtaining Minimum Edge Ranking on Two-connected Outerplanar Graphs, Information Processing Letters, 103, pp.216-221, 2007.
  49. 宮本 雅人, 酒井 浩之, 増山 繁, 論文LaTeX原稿からのプレゼンテーションスライド自動生成, 日本知能情報ファジィ学会誌, 18, 5, pp.752-760, 2006.
  50. 梅村 祥之, 増山 繁, 文章閲覧における読者の操作行動からの興味の推定, ヒューマンインターフェース学会誌, 3, 3, pp.435-444, 2006.
  51. Shin-ichi Nakayama, shigeru Masuyama, A Polynomial Time Algorithm for Obtaining a Minimum Vertex Ranking Spanning Tree in Outerplanar Graphs(invited paper), IEICE Trans. Information and Systems, E89-D, 8, pp.2357-2363, 2006.
  52. Keizo Miyata, Shigeru Masuyama, Shin-ichi Nakayama, Liang Zhao, NP-hardness proof and an approximation algorithm for the maximum vertex ranking spanning tree problem, Discrete Applied Mathematics, 154, pp.2402-2410, 2006.
  53. 酒井 浩之, 増山 繁, ユーザの要約要求を反映するためにユーザとのインタラクションを導入した複数文書要約システム, 日本知能情報ファジィ学会誌, 18, 2, pp.265-279, 2006.
  54. 酒井 浩之, 梅村 祥之, 増山 繁, 交通事故事例に含まれる事故原因表現の新聞記事からの抽出, 自然言語処理, 13, 2, pp.99-123, 2006.
  55. 酒井 浩之, 増山 繁, 略語とその原型語との対応関係のコーパスからの自動獲得手法の改良, 自然言語処理, 12, 4, pp.207-231, 2005.
  56. 吉田 辰巳, 遠間 雄二, 増山 繁, 酒井 浩之, 可読性の向上を目的とした片仮名表記外来語の換言知識獲得, 電子情報通信学会論文誌D-II, J88-DII, pp.1237-1245, 2005.
  57. Atsushi Sasaki, Tadashi Araragi, Shigeru Masuyama, Keizo Miyata, Formulation of Mobile Agents Allocation and its Strong NP-Completeness, IEICE Trans. Information and Systems, ED-88, 5, pp.1060-1063, 2005.
  58. 酒井 浩之, 増山 繁, 動詞連体修飾節の省略可能性に関するコーパスからの知識獲得, 電子情報通信学会論文誌D-II, J87-DII, 8, pp.1641-1652, 2004.
  59. Tatsumi Yoshida, Shigeru Masuyama, Multiple summarization system GOLD, IEICE Transactions on Information and Systems, E86-D, 9, pp.1719-1727, 2003.
  60. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A statistical method for acquiring knowledge about the abbreviation possibility of some of multiple adnomial phrases, IEICE Transactions on Information and Systems, E86-D, 9, pp.1710-1718, 2003.
  61. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, Properties on the Average Number of Spanning Trees in Connected Spanning Subgraphs for an Undirected Graph, IEICE Transactions on Fundamentals, E86-A, 5, pp.1027-1033, 2003.
  62. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, An algorithm for solving the minimum vertex ranking spanning tree problem on interval graphs, IEICE Transactions on Fundamentals, E86-A, 5, pp.1019-1026, 2003.
  63. 酒井 浩之, 増山 繁, 名詞とその略語の対応関係のコーパスからの自動獲得, 電子情報通信学会論文誌D-II, pp.1624-1628, 2002.
  64. 酒井 浩之, 篠原 直嗣, 山本 和英, 増山 繁, 連用修飾表現の省略可能性に関する知識の獲得, 自然言語処理, 9, 3, pp.41-62, 2002.
  65. Hirotoshi Honma and Shigeru Masuyama, A parallel algorithm for finding all hinge vertices of a trapezoid graph, IEICE Transactions on Fundamentals, E85-A, 5, pp.1031-1040, 2002.
  66. 大竹 清敬, 岡本 大吾, 児玉 充, 増山 繁, 重要文抽出, 自由作成要約に対応した新聞記事要約システム YELLOW, 情報処理学会論文誌「データベース」, 43, SIG 2(TOD 13), pp.37-47, 2002.
  67. Hirotoshi Honma, Shigeru Masuyama, A parallel algorithm for finding all hinge vertices of an interval graph, IEICE Transactions on Information and Systems, E84-D, 3, pp.419-423, 2001.
  68. Shin-ichi Nakayama and Shigeru Masuyama, An algorithm for finding two edge-disjoint paths in tournaments, IEICE Transactions on Fundamentals, E83-A, 12, pp.2672-2678, 2000.
  69. 石ざこ 友子, 片岡 明, 増山 繁, 山本 和英, 中川 聖一, 係り受け関係を用いた重複表現削除, 自然言語処理, 7, 4, pp.119-142, 2000.
  70. 片岡 明, 増山 繁, 山本 和英, 動詞型連体修飾表現の``N1のN2''への言い換え, 自然言語処理, 7, 4, pp.79-98, 2000.
  71. 大竹 清敬, 根津 雅彦, 増山 繁, 山本 和英, 語順を考慮した格フレームの提案と獲得手法, 電子情報通信学会論文誌, J83-DII, 3, pp.1060-1063, 2000.
  72. 椎名 広光, 増山 繁, LC文法とその構文解析法の拡張, 電子情報通信学会論文誌, J83-DI, 1, pp.110-114, 2000.
  73. 三上 真, 増山 繁, 中川 聖一, ニュース番組における字幕生成のための文内短縮による要約, 自然言語処理, 6, 6, pp.65-81, 1999.
  74. 大竹 清敬, 船坂 貴浩, 増山 繁, 山本 和英, 重複部・冗長部削除による複数記事要約手法, 自然言語処理, 6, 6, pp.45-64, 1999.
  75. Hiromitsu Shiina, Shigeru Masuyama, UGLR parser for phrase structure languages as an extension of GLR parser, IEICE Trans. Fundamentals, E82-A, 5, pp.792-797, 1999.
  76. 大竹 清敬, 増山 繁, 山本 和英, 名詞の連接情報を用いた関連文書検索手法, 情報処理学会論文誌, pp.2460-2467, 1999.
  77. 椎名 広光, 増山 繁, LR構文解析の並列アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌, J81-DI, 12, pp.1231-1240, 1998.
  78. 椎名 広光, 増山 繁, 単純順位文法に対する並列構文解析アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌, J81-DI, 7, pp.889-899, 1998.
  79. Kiyotaka Atsumi, Shigeru Masuyama, On the ambiguity reduction ability of a probabilistic context-free grammar, IEICE Trans. Fundamentals, E81-A, 5, pp.825-831, 1998.
  80. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, Parallel algorithms for finding a Hamiltonian path and a Hamiltonian cycle in an in-tournament graph, IEICE Trans. Fundamentals, E81-A, 5, pp.757-767, 1998.
  81. 金山 知俊, 増山 繁, テクスチャマッピングと線分描画による3次元樹木画像の高速生成手法, 電子情報通信学会論文誌, J81-DII, pp.446-449, 1998.
  82. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, A parallel algorithm for solving the coloring problem on trapezoid graphs, Information Processing Letters, 62, pp.323-427, 1997.
  83. 金山 知俊, 増山 繁, 樹木の揺れのアニメーション, 電子情報通信学会論文誌, J80-DII, 7, pp.1843-1851, 1997.
  84. Hiromitsu Shiina, Shigeru Masuyama, Proposal of the unrestricted LR(k) grammar and its parser, Mathematica Japonica, 46, 1, pp.129-142, 1997.
  85. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, 分散型のAGVシステムにおける情報受信範囲の理論的解析, システム制御情報学会論文誌, 10, 4, pp.211-222, 1997.
  86. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, A parallel algorithm for finding a minimum-weight connected dominating set on trapezoid graphs, Mathematica Japonica, 45, 1, pp.165-171, 1997.
  87. 山本 和英, 増山 繁, 内藤 昭三, 関連テキストを利用した重複表現削減による要約, 電子情報通信学会論文誌, J79-DII, 11, pp.1968-1972, 1996.
  88. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, AGV(Automated Guided Vehicle)システムにおける最悪移動完了時間の理論的解析, 電子情報通信学会論文誌, J79-A, 8, pp.1433-1443, 1996.
  89. 島田 稔, 増山 繁, 濃度値に基づいて分類された画像とフィルタを用いたモルフォロジー処理, 電子情報通信学会論文誌, J79-DII, 8, pp.1439-1443, 1996.
  90. 金山 知俊, 阪田 省二郎, 増山 繁, 分枝規則を再現し,光,ホルモンの影響を考慮した樹木の成長モデル, 電子情報通信学会論文誌, J79-DII, 8, pp.1362-1373, 1996.
  91. 中山 慎一, 増山 繁, 2連結グラフ上の与えられた節点を中心とする全域木を求める並列アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌DI, 5, pp.299-302, 1996.
  92. 中山 慎一, 増山 繁, 外平面グラフ上の最大流を求める並列アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌, J79-DI, 5, pp.226-236, 1996.
  93. Kiyotaka Atsumi, Shigeru Masuyama, An efficient parallel parsing algorithm for context-free languages based on Earley's method, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E79-A, 4, pp.547-552, 1996.
  94. 中山 慎一, 増山 繁, 外平面グラフ上のs-t最短経路を求める並列アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌, J78-DI, pp.867-877, 1995.
  95. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, AGV(Automated Guided Vehicle)システムにおける許容台車数の理論的解析, 電子情報通信学会論文誌, J78-A, pp.1341-1347, 1995.
  96. 中山 慎一, 増山 繁, 外平面グラフ上の最長路問題を解く並列アルゴリズム, 電子情報通信学会論文誌, J78-DI, pp.563-568, 1995.
  97. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, On the edge importance using its traffic based on a distribution function along shortest paths in a network, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E78-A, 3, pp.440-443, 1995.
  98. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, A lower bound of the expected maximum number of edge-disjoint s-t paths on probabilistic graphs, Discrete Applied Mathematics, 56, pp.137-155, 1995.
  99. 山本 和英, 増山 繁, 内藤 昭三, 文章内構造を複合的に利用した論説文要約システム GREEN, 自然言語処理, 2, 1, pp.39-55, 1995.
  100. 山本 和英, 増山 繁, 内藤 昭三, 段落分けを用いた日本語文章における結束構造の検討, 情報処理学会論文誌, 35, 10, pp.2029-2037, 1994.
  101. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, On the equivalence in complexity among three computation problems on maximum number of edge-disjoint s-t paths in a probabilistic digraph, Information Processing Letters, 51, pp.195-199, 1994.
  102. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, lower bound of the expected maximum number of vertex-disjoint s-t paths on probabilistic graphs, Journal of the Operations Research Society of Japan, 37, 2, pp.96-113, 1994.
  103. Derek G.Corneil, Shigeru Masuyama, S.Louis Hakimi, Edge-disjoint packings of graphs, Discrete Applied Mathematics, 50, pp.135-148, 1994.
  104. 程鵬, 増山 繁, 確率付きグラフ上の点素なs-t路の期待最大本数の計算問題, 電子情報通信学会論文誌, J77-A, 1, pp.58-66, 1994.
  105. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, Computing the expected maximum number of vertex-disjoint s-t paths in a probabilistic basically series-parallel digraph, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E76-A, 12, pp.2089-2094, 1993.
  106. 渥美 清隆, 増山 繁, 構文解析上の自由度を持った非文訂正法の一提案, 電子情報通信学会論文誌, J76-DI, 12, pp.686-688, 1993.
  107. 藤澤 伸二, 増山 繁, 内藤 昭三, 日本語文章における照応・省略現象の基本的検討, 情報処理学会論文誌, 34, 9, pp.1909-1918, 1993.
  108. 程鵬, 増山 繁, 確率付きグラフ上の辺素なs-t路の最大本数の期待値計算問題の計算量について, 電子情報通信学会論文誌, J76-A, 6, pp.850-859, 1993.
  109. Shigeru Masuyama, Shozo Naito, Deciding whether graph G has page number one is in NC, Information Processing Letters, 44, 1, pp.7-10, 1992.
  110. Shigeru Masuyama, On the tree packing problem, Discrete Applied Mathematics, 35, pp.163-166, 1992.
  111. Shigeru Masuyama, Toshihide Ibaraki, Chain packing in graphs, Algorithmica, 6, pp.826-839, 1991.
  112. 武田 真人, 増山 繁, 茨木 俊秀, 版数制限をもつ先読みスケジューラについて, 電子情報通信学会論文誌, J70-D, 8, pp.1478-1486, 1987.
  113. Shigeru Masuyama, Toshihide Ibaraki, Shojiro Nishio, Toshiharu Hasegawa, Shortest semijoin schedules for local area distributed database systems, IEEE Trans. on Software Engineering, SE-13, 5, pp.602-606, 1987.
  114. 増山 繁, 逐次決定過程(コスト関数としきい値をもつ有限オートマトン)による同時実現可能性, 電子情報通信学会論文誌, J70-D, 6, pp.1065-1073, 1987.
  115. Shigeru Masuyama, Toshihide Ibaraki, Toshiharu Hasegawa, The computational complexity of the m-center problem on the plane, The Transactions of the IECE of Japan, E64, 2, pp.57-64, 1981.
  116. 増山 繁, 茨木 俊秀, 長谷川 利治, コスト関数と多重しきい値を持つ有限オートマトンの受理能力, 電子情報通信学会論文誌, J63-D, 2, pp.137-144, 1980.

国際会議論文(selected)

  1. Toshitomo Kimura, Keiichi Takamaru, Takuma Tanaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yuzu Uchida, Hokuto Ototake, Shigeru Masuyama , Creating Japanese Political Corpus from Local Assembly Minutes of 47 Prefectures , Proc. og the 12th Workshop on Asian Language resources, Workshop of Coling 2016, pp.78 - 84, 2016, 12.
  2. Yousuke Kawamoto, Yasuki Yasuki Nishiyama, Akio Kobayashi, Shigeru Masuyama , Investigation and Construction of Dictionary for Analysis of Comments in a Video Sharing Site , ICAICTA2016, p.22, 2016, 8.
  3. Akihito Ikeda, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Shigeru Masuyama , Classification of Comments on Nico Nico Douga for Annotation Based on Refferred Contents, Proc. of the 18-th International Conference on Network-Based Information Systems (NbIS2015), pp.673-678, 2015.
  4. H. Ohta, A. Kobayashi and Shigeru Masuyama, Estimation of Inheritence Relationship between Contents on Social Media - Case Study of Niconico as a Video-shairing Site - , Proc. of International Conference on Advanced Informatics: Concepts Theory and Applications (ICAICTA2014), Bandung, Indonesia pp.191-196 , August 20-21, 2014.
  5. Hirofumi Nonaka, Seiya Kawano, Toru Hiraoka, Takahisa Ota, Shigeru Masuyama, Evaluating Indstrial Cluster by using Spatial Auto Correlation of Patnet Applications , Proc. of International Conference on Advanced Informatics: Concepts Theory and Applications (ICAICTA2014), Bandung, Indonesia pp.188-191 , August 20-21, 2014.
  6. Hirofumi Nonaka, Daiki Kubo, Makoto Kimura, Toru Hiraoka, Takahisa Ota, Shigeru Masuyama, Correlation Analysis between Finantial Data and Patent Score based on Reference Network Algorithm HITS , Proc. of IEEE International Technology Management Conference (ITMC) 2014, , June12-15, 2014.
  7. Hirofumi Nonaka, Seiya Kawano, Kenjiro Anai, Toru Hiraoka, Takahisa Ota, Shigeru Masuyama, Assesment Method for Technology Development of an Industrial Cluster by using Spatial Auto-Correlation of Patent Applications, Proc. of 43th International Conference on Computers and Industrial Engineering(CIE43), Hongkong, China, , October 16-18, 2013.
  8. Kenji Koizumi, Shigeru Masuyama, An Online Scheduling Algorithm that Minimizes the Total Completion Time in an AGV System and its Competitive Analysis, Proc. ISS2011(International Symposium on Scheduling 2011), pp.219-224, July 2-4, 2011.
  9. Ken Wakisaka, Shigeru Masuyama, Automatic Construction of Train Arrival and Departure Schedules in Terminal Stations, Proc. ISS2011(International Symposium on Scheduling 2011), pp.165-170, July 2-4, 2011.
  10. Hirofumi Nonaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yusuke Suzuki, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of the effect and the technology terms from a patent document, Proc. IEEE 40th International Conference on Computers and Industrial Engineering (CIE40), July, 2010.
  11. Akio Kobayashi, Hirofumi Nonaka, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, An Automatic Thesaurus Construction Method for Technological Terms in Patent Maps, Proc. IEEE 40th International Conference on Computers and Industrial Engineering (CIE40), July, 2010.
  12. Hirofumi Nonaka, Yusuke Suzuki, Hiroki Sakaji, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extracting Effect Expressions from Patent Documents, Proc. of the 25th International Technical Conference of Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2010), pp.729-731, July, 2010.
  13. Yusuke Suzuki, Hirofumi Nonaka, Akio Kobayashi, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of Technology Terms from Patent Specifications for Technology-Effect Type Patent Map Generation, Proc. of the 25th International Technical Conference of Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2010), pp.725-728, July, 2010.
  14. Yuji Yamamoto, Shigeru Masuyama, Hiroyuki Sakai, Clustering via Online Passive-Aggressive Algorithm, ITC-CSCC2010, pp.680-683, July, 2010.
  15. Junya Nakamura, Tadashi Araragi, Shigeru Masuyama, Acceleration of Byzantine Fault Tolerance by Parallelizing Consensuses, PDCAT'09(The Tenth International Conference on Parallel and Distributed Computing, Applications and Technologies), December, 2009.
  16. Takahisa Ota, Shigeru Masuyama, Automatic Plagiarism Detection among Term Papers, IUCS 2009, December, 2009.
  17. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Polarity Assignment to Causal Information Extracted from Financial Articles Concerning Business Performance of Companies, AI-2008 Twenty-eighth SGAI International Conference on Innovative Techniques and Applications of Artificial Intelligence, pp.307-320, Cambridge, England, December, 2008.
  18. Hirofumi Nonaka, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Masazumi Ao, Yutaka Hada, Development of an automatic eco-technology patent search method using text-mining, Journal of Ecotechnology Research (Proc. 15th Asian Symposium on Ecotechnology), 14, 2, p.150, Kanazawa, Japan, October, 2008.
  19. Hiroki Sakaji, Satoshi Sekine, Shigeru Masuyama, Extracting Causal Knowledge Using Clue Phrases and Syntactic Patterns, Proc. PAKM 208, LNAIU 5345, pp.111-122, 2008.
  20. Hiroki Sakaji, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Automatic Extraction of Basis Expressions that Indicate Economic Trends, Proc. of the 12th Pacific-Asia Conference(PAKDD 2008), pp.977-984, Osaka, Japan, 2008.
  21. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of Cause Information from Newspaper Articles Concerning Business Performance, Proc. of the 4th IFIP Conference on Artificial Intelligence Applications & Innovations (AIAI2007), pp.205-212, Athens, Greece, 2007.
  22. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, An O(n^3) Time Algorithm for obtaining the Minimum Vertex Ranking Spanning Tree on Permutation Graphs, Proc. 4th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp.250-256, 2005.
  23. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A Multiple-Document Summarization System with User Interaction, Proc. of Coling2004, II, pp.1001-1007, August, 2004.
  24. Shigeru Masuyama, Minimum Vertex Ranking Spanning Tree Problem(Invited Tutorial Paper), Proc. International Symposium on Scheduling 2004, pp.49-56, 2004.
  25. Kiyonori Ohtake, Kazuhide Yamamoto, Yuji Toma, Shiro Sado, Shigeru Masuyama, Seiichi Nakagawa, Newscast Speech Summarization via Sentence Shortening based on Prosodic Features, Proc. of SSPR2003, pp.167-170, April, 2003.
  26. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, An O(n^3) Time Algorithm for Obtaining the Minimum Vertex Ranking Spanning Tree on Interval Graphs, Proc. of The 3rd Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp.283-292, Tokyo, Japan, January, 2003.
  27. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, Properties on the Number of Connected Spanning Subgraphs in an Undirected Graph, Proc. of The 3rd Hungarian-Japanese Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp.262-268, Tokyo, Japan, January, 2003.
  28. Hiroyuki Sakai and Shigeru Masuyama, Unsupervised Knowledge Acquisition about the Deletion Possibility of Adnominal Verb Phrases, WSQA-2002 (Coling 2002 Post-conference Workshop, Multilingual Summarization and Question Answering 2002), pp.49-56, 2002.
  29. Kiyonori Ohtake, Shigeru Masuyama, Elimination of Multiple Modifiers in Summarization, Proc. of ICCPOL2001 (19th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages), pp.282-285, 2001.
  30. Hiroyuki Sakai, Kiyonori Ohtake, Shigeru Masuyama, A Retrieval Support System by Suggesting Terms to a User, Proc. of ICCPOL2001 (19th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages), pp.77-80, 2001.
  31. Hirotoshi Honma, Shigeru Masuyama, A parallel algorithm for finding all hinge vertices of a trapezoid graph (Invited Talk), Proceedings of 2nd Japanese-Hungarian Sympojium on Discrete Mathematics and Its Applications, pp.170-179, 2001.
  32. Iram Shahzad, Kiyonori Otake, Shigeru Masuyama, Kazuhide Yamamoto, Identifying translations of compound nouns using non-aligned corpora, Proceedings of MAL99, pp.108-113, 1999.
  33. Akira Kataoka, Shigeru Masuyama, Kazuhide Yamamoto, Summarization by shortening a Japanese Noun Modifier into Expression ``A no B'', Proceedings of NLPRS99, pp.409-414, 1999.
  34. Kiyonori Otake, Masahiko Nedu, Shigeru Masuyama, Kazuhide Yamamoto, Automated acquisition of Case Frame with Case Order,, Proceedings of NLPRS99, pp.503-506, 1999.
  35. Kenji Yoshida, Atsushi Sasaki, Shigeru Masuyama, The relation between the information-received area and efficiency on transportation time in a decentralized AGV system, Proceedings of 1998 Japan-U.S.A. Symposium on Flexible Automation, pp.603-610, 1998.
  36. Masahiko Nedu, Kiyotaka Atsumi, Shigeru Masuyama, The investigation of the error detection ability for OCR systems by the second order Markov model, Proceedings of NLPRS'97, pp.625-628, 1997.
  37. Hiromitsu Shiina, Shigeru Masuyama, Proposal of the UGLR parser for phrase structure grammars, Proceedings of NLPRS'97, pp.529-532, 1997.
  38. Kazuhide Yamamoto, Shigeru Masuyama, Shozo Naito, Automatic Text Classification Method with Simple Class-Weighting Approach, Proceedings of Natural Language Processing Pacific Rim Symposium '95, pp.498-503, 1995.
  39. Shinji Fujisawa, Shigeru Masuyama, Shozo Naito, Effect of Discourse constraints for ellipsis supplement, Proceedings of Natural Language Processing Pacific Rim Symposium '93, pp.165-173, 1993.
  40. Shigeru Masuyama, On the minimum cost subgraph problem, Proceedings of the International Workshop on Discrete Algorithms and Complexity, pp.11-15, 1989.
  41. Zai-Ming Sen, Shigeru Masuyama, Shojiro Muro, Toshiharu Hasegawa, Performance evaluation of prioritized token ring protocols, Proceedings of the 11th International Teletraffic Congress, pp.4.2A-3-1 4.2A-3-7, 1985.
  42. Shigeru Masuyama, Masanori Hara, Toshiharu Hasegawa,, A simulation study on evaluation of deployment strategies for fire engines, Proceedings of IFAC 8th Triennial World Congress, pp.3655-3660, Kyoto Japan, 1981.

主な口頭発表(1993-)

  1. 本間宏利,中島陽子, 増山繁, 区間グラフにおける最大影響度要節点とその解法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2017春季研究発表会(創立60周年記念大会), pp.429 - 430, 2017年3月.
  2. 岩淵莉央,中島陽子,本間宏利,増山繁, ユーザー評価を用いた併用商品情報抽出システムの開発, 言語処理学会第23回年次大会発表論文集, pp.98 - 99, 2017年3月.
  3. 増山繁, 最小木問題とその周辺(招待講演), OR学会中部支部研究発表会, 2017年3月.
  4.  小西慶和,小林暁雄,増山繁, 特許文書からの技術動向調査に有効な技術用語の抽出, , A31X 2016年11月.
  5. 佐藤翔馬,原圭介,小林暁雄,増山繁, Wikipedia記事特有の構造を用いたinfobox自動補完手法 , 第14回情報学ワークショップ, A32X 2016年11月.
  6. 青島春花,小林暁雄,増山繁, 化粧品口コミサイトにおけるユーザ属性を用いた有効な美容成分の抽出 , 第14回情報学ワークショップ, A33 2016年11月.
  7. 小西慶和,小林暁雄,増山繁, 特許文書からの中心技術用語の抽出, 情報処理学会北海道シンポジウム, AM27 2016年10月.
  8. 増山繁, モデリングとアルゴリズム/計算量理論~鉄道, AGV(自動搬送車),日本プロ野球試合におけるスケジューリングを例として(招待講演)~, 電子情報通信学会技術研究報告, COMP2014-15 - COMP2014-24, pp.29-34, 2014年9月.
  9. 川嶋和希,野中尋史,小林暁雄,太田貴久,増山繁,  ソフトウェア許諾書を対象とした 重要条項の抽出, 第28回人工知能学会全国大会, 3I3-4, 2014(松山).
  10. 坂地泰紀,酒井浩之,増山繁, 決算短信PDFからの因果関係抽出に基づく過去事象間の 関連表示, 第28回人工知能学会全国大会, 3L4-OS-26b-2, 2014(松山).
  11. 大橋勝揮,小林暁雄,増山繁, Wikipediaを用いた段階的語釈文拡張手法による語義曖昧性の解消, 言語処理学会第20回年次大会発表論文集, 314-317, 2014(札幌).
  12. 大田仁克,小林暁雄,増山繁, ソーシャルメディアにおける創造活動の同定, 言語処理学会第20回年次大会発表論文集, 626-627, 2014(札幌).
  13. XS
  14. 森翔太郎,脇坂賢,増山繁, 日本プロ野球を対象とした目的に合わせた試合スケジュール候補の生成法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部研究発表会, 37-40, 2014年3月(名古屋).
  15. 本間宏利,中島陽子,青島春花,五十嵐優太,増山繁, 区間グラフにおける最大迂回度要節点の導出アルゴリズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.254-255, 2014年3月(大阪).
  16. 石渡亮平,小林暁雄,増山繁, FoursquareにおけるVenueに関するキーワード 取得手法の考案, 第12回情報学シンポジウム論文集(WiNF2013), pp.30-33 , 2013年11月.
  17. 大橋勝揮,小林暁雄,増山繁, 日本プロ野球を対象とした公平な試合スケジュール生成手法の提案, 第12回情報学シンポジウム論文集(WiNF2013), pp.24-29 , 2013年11月.
  18. 森翔太郎,脇坂賢,増山繁, 日本プロ野球を対象とした公平な試合スケジュール生成手法の提案, 第12回情報学シンポジウム論文集(WiNF2013), pp.6-9 , 2013年11月.
  19. 原田綾花,太田貴久,小林暁雄,増山繁,野中尋史, 酒井浩之, 特許文書からの発明に関する特徴的 技術とその効果の抽出, 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, B5-1, 2013.
  20. 大田仁克,太田貴久,酒井浩之, 増山繁, プレスリリースを用いた製品関連特許のIPC推定 , 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, P4-19 pp.721 - 724, 2013.
  21. 酒井浩之, 増山繁, 製品特徴に基づく製品発表プレスリリースと特許の関連性の判定, 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, pp.725 - 728, 2013.
  22. 原圭介, 小林暁雄,増山繁, Wikipediaにおける記事に適したInfobox テンプレート種類の推定手法, 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, P6-1, pp. 818 - 821, 2013.
  23. 矢原翔太郎,太田貴久,小林暁雄,脇坂賢,増山繁, 見やすさに基づくバブルチャート軸項目配置の定式化の試み, 第40回日本OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集, , 2013.
  24. 青島春花,中島陽子,本間宏利,増山繁,小西慶一, 環状型台形グラフの全域木導出のための最適アルゴリズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.30-31, 2013年3月.
  25. 中垣和歌,中島陽子,本間宏利,増山 繁, 非退化円弧グラフにおけるMFVS問題解決アルゴリズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.32-33, 2013年3月.
  26. 原圭介, 小林暁雄, 増山繁, Wikipedia記事項目定義文の特徴を利用した記事に適したInfomoxテンプレート種類の推定法, 第10回情報学シンポジウム論文集(WiNF2012), pp.157-162, 2012.
  27. 北林智治, 小林暁雄, 増山繁, 価格.comからのトラブル情報抽出手法, 第10回情報学シンポジウム論文集(WiNF2012), pp.169-172, 2012.
  28. 原田綾花, 太田貴久, 小林暁雄, 増山繁, 野中尋史, 酒井浩之, 特許文書からの発明に用いられている技術とその効果の抽出, 第10回情報学シンポジウム論文集(WiNF2012), pp.173-176, 2012.
  29. 高尾美代子, 酒井浩之, 鶴田雅信, 増山繁, 渡邊知早, 梅村祥之, メニュー階層わかりやすさ評価のための語対の連想関係,関連関係自動判定, 第26回人工知能学会全国大会, 4F1-OS-5-7, 2012.
  30. 石渡亮平, 酒井浩之, 鶴田雅信, 小林暁雄, 坂地泰紀, 増山繁, 言語オントロジーによる言語テスト自動生成をを用いたアルツハイマー型認知症早期発見支援システムの開発と検証, 第26回人工知能学会全国大会, 4F1-OS-5-8, 2012.
  31. 太田貴久,鶴田雅信, 野中尋史, 山本悠二, 酒井浩之, 増山繁, 技術-効果型パテントマップに基づくシーズ知的探索システムの開発, 言語処理学会第18回年次大会発表論文集, pp.875-878, 2012.
  32. 谷口 将太,野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, パテントマップ生成のための特許明細書中の技術構成要素候補の修飾必要性判定手法 , 情報学ワークショップ2011(WiNF2011) 論文概要集, p.42, 2011.
  33. 坂地 泰紀 , 増山繁, テキストマイニングによる因果関係抽出 , 第54 回自動制御連合講演会論文集 , 456-459, 2011.
  34. 小林 暁雄 , 増山繁, ウィキペディアを利用したシソーラスの自動拡張 , 第 54 回自動制御連合講演会論文集 , 460-465, 2011.
  35. 酒井 浩之 , 増山繁, 企業業績発表記事を対象としたテキストマイニング , 第 54 回自動制御連合講演会論文集 , 466-470/span>, 2011.
  36. 坂地 泰紀 , 増山繁, 新聞記事コーパスからの因果関係の抽出 , 電子情報通信学会技術研究報告,NLC, 言語理解とコミュニケーション 111(119) , 7-10, 2011.
  37. 藤村真太郎,野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, 製品情報のプレスリリースとその製品特徴に関連した特許 文書との対応付け, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.194-197, 2011.
  38. 北林智治, 酒井浩之, 増山繁, Twitterからの自動車の不具合情報抽出に関する研究, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.232-235, 2011.
  39. 高尾美代子, 酒井浩之, 増山繁, Webからの飲食店舗の評判情報抽出, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.268-271, 2011.
  40. 放地宏佳,鶴田雅信, 酒井浩之, 増山繁, Wikipediaのカテゴリ階層を利用したTwitterユーザのカテゴライズ, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.448-451, 2011.
  41. 酒井浩之, 増山繁, 手がかり表現自動獲得による製品発表プレスリリースから の製品特徴の抽出 , 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.528-531, 2011.
  42. 山本悠二, 増山繁, Shift-Reduceと相対モデルの二側面を持つ日本語係受け解析の対数線形モデルへの適用, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.1083-1086, 2011.
  43. 越本和季,酒井浩之, 増山繁, 書評利用のレコメンデーションを目的とする書評検索シス テムのためのキーワード抽出 , 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.766-769, 2011.
  44. 野中尋史, 酒井浩之,増山繁, 知財訴訟判例文書からの情報抽出とそれを利用した知財訴訟判決が与える経済的影響の分析, 第38回日本OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集, pp.25-28, 2011.
  45. 六瀬真之,脇坂賢,増山繁, 自動車産業におけるコスト低減を目的とした型式数削減手法, 第38回日本OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集, pp.41-44, 2011.
  46. 脇坂賢,増山繁, 終端駅における列車発着スケジュールの自動生成に関する 研究, 第38回日本OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集, pp.45-48, 2011.
  47. 野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, 知財訴訟判例文書からの判例統計情報抽出と知財訴訟分析への応用, 第1回特許情報シンポジウム, pp.29-36 , 2010年12月.
  48. 増山繁, 野中尋史, 坂地泰紀, 小林暁雄, 鈴木佑輔, 太田貴久, 酒井浩之, 自然言語処理技術を利用した効果-技術型パテントマップの自動生成手法の開発, 第1回特許情報シンポジウム, pp.37-44, 2010年12月.
  49. 芳田 翔一朗,脇坂 賢,増山 繁, 遅延に対して頑健な列車運行計画の生成, 情報学ワークショプ2010(WiNF2010)論文集, pp.295-300, 2010年12月.
  50. 山本悠二, 増山 繁, 決定的な解析と相対的な比較による解析の二側面を持つ日本語係受け解析, 情報処理学会研究報告「自然言語処理」, Vol.110, 2010年9月.
  51. 坂地泰紀,増山繁,酒井浩之, 新聞記事中の文が因果関係を含むか否かの判定, 情報処理学会研究報告「自然言語処理」, NL-198, pp.47-50, 2010年7月.
  52. 野中尋史, 小林暁雄, 坂地泰紀, 鈴木佑輔, 酒井浩之, 増山繁, 効果ー技術型パテントマップ作成を目的とした特許明細書中からの効果語及び技術語の自動抽出と意味的統合, 人工知能学会第24回全国大会, 2010.
  53. 西崎海人, 酒井浩之, 増山 繁, 製品・部門情報の企業業績要因表現からの抽出, 第24回人工知能学会全国大会, 2010.
  54. 鶴田 雅信, 増山 繁, 企業の公式Webサイトからの手がかり語を用いた基本情報属性抽出, 第24回人工知能学会全国大会, 2010.
  55. 野中尋史, 坂地泰紀, 鈴木佑輔, 酒井浩之, 増山繁, パテントマップ自動生成のための特許明細書中からの効果語の抽出, OR学会中部支部研究発表会, 2010.
  56. 小泉賢司,増山繁, 有向閉路型走行経路を用いたAGV システムにおける総移動距離を最小化する乱択オンラインアルゴリズムの競合比解析, 第23回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, pp.209-214, 2010.
  57. 小泉賢司,増山繁, 有向閉路型走行経路を用いたAGV システムにおける総移動距離を最小化する確率的オンラインアルゴリズムに関する競合比解析, 電子情報通信学会2010 年総合大会講演論文集, 2010.
  58. 小泉賢司,増山繁, 有向閉路型走行経路を用いたAGV システムにおける搬送スケジューリングの競合比解析, 第37 回日本OR 学会中部支部研究発表会アブストラクト集, 2010.
  59. 小泉賢司,増山繁, AGVシステムにおけるオンライン搬送スケジューリングに対する完了時間和最小化オンラインアルゴリズムの競合比解析, 2010年日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2010.
  60. 脇坂 賢, 増山 繁, 新幹線の終端駅に着目した列車発着スケジューリング, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.24-25, 2010年3月.
  61. 酒井浩之, 松原茂樹, 増山繁, 稲垣康善, 文中の接続助詞「が」に着目した翻訳単位間の意味関係の推定, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.856-859, 2010.
  62. 梅村真史, 酒井浩之, 増山繁, レビュー記事からの評判情報抽出の一手法の提案, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.166-169, 2010.
  63. 谷口将太, 坂地泰紀, 酒井浩之, 増山繁, 経済新聞記事から抽出した景気動向を示す根拠表現への極性付与手法の提案, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.170-173, 2010.
  64. 西崎海人, 酒井浩之, 増山繁, 新聞記事の企業業績発表記事からの製品・部門情報の抽出, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.1038-1041, 2010.
  65. 梅村真史、酒井浩之、増山繁, 統計情報を使用したWeb 掲示板からの製品評判情報の抽出, WiNF2009 (第7回情報学ワークショップ), 2009.
  66. 脇坂 賢,増山 繁, 終端駅における列車発着スケジューリングについて, 情報学ワークショプ2009(WiNF2009)論文集, pp.295-300, 2009.
  67. 芳田 翔一朗, 脇坂 賢, 増山 繁, 列車ダイヤ乱れを考慮した 駅構内入換計画方式の予備的検討, スケジューリングシンポジウム 2009講演論文集, pp.279-284, 2009.
  68. 小林暁雄, 増山繁, 野中尋史, 特許文に出現する専門用語の同義語集合を分類するシソーラスの自動構築手法の考案, 日本高専学会第15回年会, 2009.
  69. 野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, 自然言語処理技術を用いた知財判例からの情報抽出と知財訴訟トレンド分析への応用, 知財学会第7回年次学術研究発表会, 2009.
  70. 坂地 泰紀, 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, 特許文書からのブートストラップ手法を用いた課題・効果表現対の抽出, 情報処理学会研究報告, NL192-14, 2009.
  71. 酒井 浩之, 野中 尋史, 増山 繁, 特許明細書からの出願目的・技術課題情報の抽出, 第23回人工知能学会全国大会, 2009.
  72. 藤村 真太郎, 酒井 浩之, 増山 繁, 企業業績要因文の経常的か否かに基づく分類とイベントスタディ法に基づく分析, 第23回人工知能学会全国大会, 2009.
  73. 鶴田 雅信, 関根 聡, 増山 繁, 企業の公式Webサイトからの基本情報抽出, 第23回人工知能学会全国大会, 2009.
  74. 小泉 賢司, 増山 繁, ラダー型走行経路を用いたAGVシステムにおけるデッドロック回復問題の計算複雑さの解析, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.240-241, 2009年3月.
  75. 坂本 大祐, 坂地 泰紀, 酒井 浩之, 増山 繁, 企業業績要因文における因果関係の有無判定手法の提案, 言語処理学会第15回年次大会発表論文集, pp.925-928, 2009.
  76. 太田 貴久, 増山 繁, 青空文庫を対象とした書き手の識別とその応用, 言語処理学会第15回年次大会発表論文集, pp.679-680, 2009.
  77. 鈴木 佑輔, 酒井 浩之, 増山 繁, Web掲示板を対象とした質問・回答対応の自動抽出手法の提案, 言語処理学会第15回年次大会発表論文集, pp.44-47, 2009.
  78. 小林暁雄,増山繁, 特許文に出現する専門用語の同義語集合を分類するシソーラスの自動構築手法の考案, 日本高専学会第15回年会, 2009.
  79. 坂地 泰紀, 関根 聡, 増山 繁, 構文情報に基づいた因果関係抽出手法, 情報学ワークショプ2008(WiNF2008)論文集, pp.83-88, 2008.
  80. 小林 暁雄, 増山 繁, 関根 聡, 日本語語彙大系と日本語Wikipediaからの汎用オントロジーの自動構築手法, 情報学ワークショプ2008(WiNF2008)論文集, pp.63-66, 2008.
  81. 小林 暁雄, 増山 繁, 関根 聡, 日本語語彙大系と日本語ウィキペディアにおける知識の自動結合による汎用オントロジー構築手法, 情報処理学会研究報告 自然言語処理研究会報告 2008-NL-187, 2008.
  82. 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, テキストマイニングを用いた判例文書の分類および情報抽出, 情報ネットワーク法学会第8回研究大会予稿集, pp.39-44, 2008.
  83. 酒井 浩之, 増山 繁, 企業の業績発表記事からの業績要因抽出と極性付与, 第22回人工知能学会全国大会, 2008.
  84. 酒井 浩之, 増山 繁, 企業の業績発表記事から抽出した業績要因への極性付与, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会2008, pp.116-117, 2008.
  85. 小泉 賢司, 増山 繁, ラダー型走行経路を用いたAGVシステムのデッドロックからの回復手法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集, pp.106-107, 2007年9月.
  86. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, A Proof of Unimodularity on the Numbers of Connected Spanning Subgraphs in an n-Vertex Graph with at least ceiling((3-2√2)n^2+n-(7-2√2)/2√2) Edges, 電子情報通信学会技術研究報告, COMP, pp.59-66, 2007年9月.
  87. Junya Nakamura, Tadashi Araragi, Shigeru Masuyama, Techniques to Accelerate Request Processing for Byzantine Fault Tolerance, 電子情報通信学会技術研究報告, COMP, pp.13-20, 2007年9月.
  88. 中村 純哉, 櫟粛之, 増山 繁, レプリカ手法を対象とした高速なrandomized耐ビザンチン故障方式, 平成19年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集, pp.102-107, 2007年9月.
  89. 小泉 賢司, 増山 繁, AGVシステムのデッドロックに関する研究, 日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集, pp.12-13, 2007年3月.
  90. 山本 悠二, 増山 繁, 構文木情報を用いた機械可読辞書からの類義語および上位・下位語の抽出, 言語処理学会第13回年次大会ワークショップ「言語的オントロジーの構築・連携・利用」論文集, pp.39-42, 2007年3月.
  91. 酒井 浩之, 増山 繁, 企業の業績発表記事からの業績要因の抽出, 言語処理学会第13回年次大会発表論文集, pp.436-439, 2007年3月.
  92. 鈴木 琢也, 関根 聡, 増山 繁, 百科事典を対象とした属性値抽出, 言語処理学会第13回年次大会発表論文集, pp.89-95, 2007年3月.
  93. 増山 繁, 中山 慎一, 最小節点ランキング全域木問題の環境モニタリングのための センサネットワークへの応用の試み, ミニシンポジウム「新世代計算限界と 地球環境問題」講演論文集, pp.89-95, 2006年12月.
  94. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, A Polynomial Time Algorithm for Obtaining the Minimum Vertex Ranking Spanning Tree on Outerplanar Graphs, INFORMS International Hong Kong 2006, June, 2006, Hong Kong, China.
  95. 横田 隼, 酒井 浩之, 増山 繁, 質問応答システムのためのWeb掲示板からの質問記事抽出, 言語処理学会第12回年次大会発表論文集, 2006年3月.
  96. 宮本 雅人, 酒井 浩之, 増山 繁, 論文LATEX原稿からのプレゼンテーション資料自動生成, 言語処理学会第12回年次大会発表論文集, 2006年3月.
  97. 山本 悠二, 増山 繁, 酒井 浩之, 小説自動要約のための隣接文間の結束性判定手法, 言語処理学会第12回年次大会発表論文集, 2006年3月.
  98. 太田 貴久, 増山 繁, 学生レポート採点支援のためのレポート類似部分発見手法, 電子情報通信学会技術研究報告 NLC2005, 2006年2月.
  99. 松田 耕史, 山本 悠二, 酒井 浩之, 増山 繁, Weblog内のリンクに対する感情推定の試み ーWebコミュニティ発見法改善の基礎としてー, 電子情報通信学会技術研究報告 NLC2005, 2006年2月.
  100. Shigeru Masuyama, On the Minimum Vertex Ranking Spanning Tree Problem, IFORS2005, July, 2005, Honolulu, Hawaii, USA.
  101. 梅村 祥之, 辻 貞治, 増山 繁, 文書読解時支線移動パターンからの興味に関する完成情報抽出の試み, 言語処理学会第11回年次大会発表論文集, pp.141-144, 2005年3月.
  102. 太田 貴久, 増山 繁, 模倣レポート判定支援システムの開発, 言語処理学会第11回年次大会発表論文集, pp.293-296, 2005年3月.
  103. 鶴田 雅信, 梅村 祥之, 酒井 浩之, 増山 繁, Web検索結果の専門家に対する適合度によるランキング手法について, 言語処理学会第11回年次大会発表論文集, pp.1018-1021, 2005年3月.
  104. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A Multiple-Document Summarization System introducing User Interface for reflecting User's Summarization Need, Working Notes of NTCIR Workshop 4 Meeting, June, 2004.
  105. Yasuo Nii, Keizo Kawata, Tatsumi Yoshida, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Question Answering System QUARK, Working Notes of NTCIR Workshop 4 Meeting, June, 2004.
  106. Masanobu Tsuruta, Yoshiyuki Umemura, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A Web Search Result Classification System based on the Degree of Suitability for Specialists, Working Notes of NTCIR Workshop 4 Meeting, June, 2004.
  107. 宮田 敬三, 増山 繁, 中山 慎一, 最小節点ランキング全域木問題の計算複雑度, 第17回 回路とシステム軽井沢ワー クショップ論文集, pp.645-650, 2004年4月.
  108. 酒井 浩之, 増山 繁, ユーザのインタラクションを導入した複数文書要約システム, 言語処理学会第10回年次大会発表論文集, pp.226-229, 2004.
  109. 梅村 祥之, 増山 繁, 文章読解時視線移動パターンからの特徴抽出 —言語解析用情報の抽出に向けた検討—, 言語処理学会第10回年次大会発表論文集, pp.628-631, 2004.
  110. 鶴田 雅信, 梅村 祥之, 酒井 浩之, 増山 繁, 専門性の程度に基づくWeb検索の分類手法, 言語処理学会第10回年次大会発表論文集, pp.725-728, 2004.
  111. 太田 貴久, 増山 繁, 模倣レポート判定に用いる文書間類似度の考案, 言語処理学会第10回年次大会発表論文集, pp.729-732, 2004.
  112. Shigeru Masuyama, On the minimum vertex ranking spanning tree problem, International Symposium on Discrete Algorithm and Optimization, 2004.
  113. Shigeru Masuyama, Progress report on natural language understanding toward Human-IT symbiotical systems, Proc. of the Second Symposium on Intelligent Human Sensing, pp.175-178, 2004.
  114. 中山 慎一, 増山 繁, 置換グラフ上における最小節点ランキング全域木問題を解くアルゴリズム, 冬のLAシンポジウム, 京都大学数理解析研究所, 2004年2月.
  115. 宮田 敬三, 増山 繁, 中山 慎一, 最小節点ランキング全域木問題の計算複雑性について, 電子情報通信学会コンピュ テーション研究会, 2003年11月.
  116. 中山 慎一, 増山 繁, 置換グラフ上における最小節点ランキング全域木問題を解くアルゴリズム, 情報処理学会研究報告 「アルゴリズム」, AL92-6, 2003.
  117. 中嶋 琢美, 酒井 浩之, 増山 繁, SVM(Support Vector Machine)を用いた経済記事の著者の見解に基づく分類, 情報処理学会研究報告「情報学基礎」, FI71-21, 2003年5月.
  118. 仁井 康夫, 酒井 浩之, 吉田 辰巳, 増山 繁, 動詞間の換言知識の自動獲得, 言語処理学会第9回年次大会発表論文集, pp.222-225, 2003年3月.
  119. 酒井 浩之, 増山 繁, コーパスからの名詞と略語の対応関係の自動獲得, 言語処理学会第9回年次大会 発表論文集, pp.226-229, 2003年3月.
  120. Shigeru Masuyama, Natural language understanding toward human-IT symbiosis sytems, Proc. of the Second Symposium on Intelligent Human Sensing, pp.161-166, 2003.
  121. 宮木 衛, 酒井 浩之, 吉田 辰巳, 増山 繁, カタカナ語からの換言候補の自動獲得, 情報アクセスのためのテキスト処理シン ポジウム発表論文集, pp.96-103, 2003年2月.
  122. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Unsupervised acquisition of knowledge about the abbreviation possibility of some of multiple phrases modifying the same verb/noun, Online Proc. NTCIR Workshop 3 Meeting, 2003, http://research.nii.ac.jp/ntcir/workshop/OnlineProceedings3/index.html.
  123. Keizo Kawata, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, QUARK: A question and answering system using newspaper corpus as a knowledge source, Online Proc. NTCIR Workshop 3 Meeting, 2003, http://research.nii.ac.jp/ntcir/workshop/OnlineProceedings3/index.html.
  124. 程鵬, 増山 繁, 全節点間のネットワーク信頼性多項式における係数の性質について, 電子情報通信学会技術研究報告COMP2002-27, pp.57-64, 2002.
  125. 酒井 浩之, 増山 繁, 省略可能な2重修飾表現の教師なし学習による自動獲得, 情報処理学会研究報告, NL-150, pp.179-184, 2002.
  126. 仁井 康夫, 増山 繁, 移動体通信における充電回数を最小にする送信スケジューリングア ルゴリズム, 第15回 回路とシステム ワークショップ論文集, pp.453-458, 2002年4月.
  127. 宮木 衛, 増山 繁, 山本 和英 , 2名詞による連体修飾語の換言可能性に関する考察, 言語処理学会第8回年次大会発表論文集, pp.136-139, 2002年3月.
  128. 椎名 広光, 増山 繁, 上向パス上の文法記号列からなる縦方向リストを利用した構文 解析木の生起確率計算法, 言語処理学会第8回年次大会発表論文集, pp.399-402, 2002年3月.
  129. 酒井 浩之, 増山 繁, 連体修飾表現の省略可能性に関するコーパスからの知識獲得, 言語処理学会第8回年次大会発表論文集, pp.627-630, 2002年3月.
  130. 大竹 清敬, 岡本 大吾, 児玉 充, 増山 繁, 重要文抽出, 自由作成要約に対応した新聞記事要約システム YELLOW, 情報処理学会情報学基礎研究会, 63-17, 2001年7月.
  131. Kiyonori Ohtake, Daigo Okamoto, Mitsuru Kodama, Shigeru Masuyama, Yet Another summarization System with Two Modules using Empilical Knowledge, Proc. NTCIR Workshop 2 Meeting, pp.331-340, 2001.
  132. Hiroyuki Sakai, Kiyonori Ohtake, Shigeru Masuyama, On Retrieval Support System by Suggesting Terms to a User, Proc. NTCIR Workshop 2 Meeting, pp.222-226, 2001.
  133. Hirotoshi Honma, Shigeru Masuyama, A Parallel Algorithm for Finding All Hinge Vertices if a Circular-arc Graph, 電子情報通信学会コンピュテーション研究会 COMP2001-4, 2001年4月.
  134. 大竹 清敬, 児玉 充, 増山 繁, 山本 和英, 多重修飾された名詞句からの換言事例の自動収集, 言語処理学会第7回年次大会併設ワークショップ, 2001年3月.
  135. 大竹 清敬, 増山 繁, 多重修飾に着目した文内要約: 削除型換言, 言語処理学会第7回年次大会併設ワークショップ, 2001年3月.
  136. 酒井 浩之, 大竹 清敬, 増山 繁, 絞り込語提示による一検索手法の提案, 言語処理学会第7回年次大会, 2001年3月.
  137. 大竹 清敬, 増山 繁, 山本 和英, コーパスからの格要素列獲得における多義性への対応, 言語処理学会第7回年次大会, 2001年3月.
  138. 本間 宏利, 増山 繁, 台形グラフにおける全関節節点を求めるための並列アルゴリズム, 京都大学数理解析研究所研究集会 「計算理論とアルゴリズムの新展開」, 2001年2月.
  139. 椎名 広光, 増山 繁, The Unrestricted LR(k) Grammar and its Parser, where k=0, 1, 京都大学数理解析研究所研究集会 「計算理論とアルゴリズムの新展開」, 2001年2月.
  140. 本間 宏利, 増山 繁, A Parallel Algorithm for Finding all Hinge Vertices of a Trapezoid Graph, 科研費・特定領域研究(B)「アルゴリズム工学」 第7回テーマ研究会:グラフアルゴリズム, 2001.
  141. 本間 宏利, 増山 繁, アドホックネットワーク上でのHinge Vertexの検出, 科研費特定領域研究「新しいパラダイムとしてのアルゴリズム工学」 第5回テーマ研究会:インターネット関連アルゴリズム, 2000.
  142. 佐渡 詩郎, 大竹 清敬, 増山 繁, 山本 和英, 中川 聖一, ニュース文の音声要約のための韻律情報の利用, 情報処理学会 自然言語処理研究会, 2000年11月.
  143. 篠原 直嗣, 増山 繁, 山本 和英, 類似文の比較による省略可能な格要素の認定, 情報処理学会 自然言語処理研究会, 2000年9月.
  144. 酒井 浩之, 大竹 清敬, 増山 繁, 情報検索における絞り込み語提示による検索者支援の試み, 言語処理学会第6回年次大会, 2000.
  145. 児玉 充, 片岡 明, 増山 繁, 山本 和英, 直接引用表現を利用した要約知識の自動抽出の試み, 言語処理学会第6回年次大会, 2000.
  146. 椎名 広光, 増山 繁, 条件付確率の変更による確率一般化LR構文解析法の拡張, 言語処理学会第6回年次大会, 2000.
  147. 増山 繁, テキスト自動要約の現状とその将来, 第76回情報論談話会, 1999年12月.
  148. イラム シャハザド, 大竹 清敬, 増山 繁, 山本 和英, 非対訳コーパスを用いた日本語複合名詞の英訳語推定, 情報処理学会 自然言語処理研究会, 1999年9月.
  149. 片岡 明, 増山 繁, 山本 和英, 要約のための連体修飾節の``AのB''ヘの言い換え, 情報処理学会 自然言語処理研究会, 1999年9月.
  150. 石ざこ 友子, 片岡 明, 増山 繁, 中川 聖一, テレビニュース番組の字幕作成のための重複部削除による要約, 情報処理学会 自然言語処理研究会, 1999年9月.
  151. 増山 繁, 中山 慎一, 並列グラフアルゴリズムにおける構造と計算量, 3学会(OR学会中部支部、QC学会中部支部、JIMA中部支部) 合同研究発表会, 1999年7月.
  152. 増山 繁, テキスト自動要約技術の現在とその展望, 第12回 回路とシステム ワークショップ(招待講演), 1999年4月.
  153. 吉田 健二, 佐々木 淳, 増山 繁, 分散型AGVシステムにおける情報受信範囲と搬送効率とのトレー ドオフ, 第26回日本オペレーションズ・リサー チ学会 中部支部研究発表会, 1999年.
  154. 三上 真, 石ざこ 友子, 赤松 裕隆, 増山 繁, 中川 聖一, ニュース音声の認識結果を用いた要約による字幕生成, 情報処理学会第58回全国大会, 1999年4月.
  155. 増山 繁, 離散最適化問題における構造と計算量, 科研費特定領域研究「新しいパラダイムとしてのアルゴリズム工学」 平成10年度第1回全体会議, 1998.
  156. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, 単方向リング型AGVシステムにおける搬送スケジューリング, 1998年度日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会, 1998.
  157. 吉田 健二, 佐々木 淳, 増山 繁, 分散型AGVシステムにおける情報受信範囲と搬送効率との関係の 実験的考察, 第25回日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部研究発表会, 1998.
  158. 渡辺 祐樹, 吉谷 祐作, 渥美 清隆, 増山 繁, 課題解決のための対話における照応・省略の先行詞の認定, 言語処理学会第4回年次大会, 1998.
  159. 三上 真, 山崎 邦子, 増山 繁, 中川 聖一, 文中の重要部抽出と言い替えを併用した聴覚障害者用字幕生成のためのニュース文要約, 言語処理学会第4回年次大会ワークショップ, 1998.
  160. 山崎 邦子, 三上 真, 増山 繁, 中川 聖一, 聴覚障害者用字幕生成のための言い替えによるニュース文要約, 言語処理学会第4回年次大会, 1998.
  161. 吉田 健二, 佐々木 淳, 増山 繁, 分散型AGVシステムにおける情報受信範囲と搬送効率の関係, 生産スケジューリング・シンポジウム'97, 1997.
  162. 大竹 清敬, 山本 和英, 増山 繁, 名詞の連接に着目した日本語新聞記事の関連記事検索法, 言語処理学会第3回年次大会, 1997.
  163. 渥美 清隆, 増山 繁, コーパスから学習した確率文法を用いたk best perserのあいまい性抑制と正解率のトレードオフの検討, 言語処理学会第3回年次大会, 1997.
  164. 松山 高明, 渥美 清隆, 増山 繁, tri-gramを用いたOCR誤り検出における新聞記事、社説、コラム別 の結果の比較, 言語処理学会第3回年次大会, 1997.
  165. 岸本 靖範, 増山 繁, 中山 慎一, 3連結グラフにおける3つの木への高さ均衡分割問題の解法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 中部支部研究発表会, 1997.
  166. 本間 宏利, 増山 繁, 台形グラフにおける全域林構築のためのO(log n)並列アルゴリ ズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会, 1997.
  167. 中山 慎一, 増山 繁, 台形グラフの点彩色問題を解く並列アルゴリズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会, 1997.
  168. 増山 繁, AGV(Automated Guided Vehicle)システムのグラフ理論によるモデル化と解析, 第10回回路とシステム軽井沢ワークショップ(招待講演), 1997.
  169. 渥美 清隆, 増山 繁, 確率文脈文法におけるk best perserにおける妥当なkの検討, 言語処理学会第2回年次大会発表論文集, pp.365-368, 1996.
  170. 松山 高明, 渥美 清隆, 増山 繁, n-gramによるOCR誤り検出の能力検討のための 適合率と再現率の推定に関する実験と考察, 言語処理学会第2回年次大会発表論文集, pp.129-132, 1996.
  171. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, 自律分散型のAGVシステムにおける情報受信範囲, OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集, pp.19-24, 1996.
  172. 金山 知俊, 増山 繁, 樹木の揺れのアニメーション, 情報処理学会第52回全国大会, 1996.
  173. 大竹 清敬, 山本 和英, 増山 繁, 日本語新聞記事を対象とした関連記事検索の一手法, 情報処理学会第52回全国大会, 1996.
  174. 椎名 広光, 増山 繁, LR属性を拡張したR-L属性の提案, 電子情報通信学会 技術研究報告, COMP95-75, 1996.
  175. 松山 高明, 渥美 清隆, 増山 繁, OCRの誤り検出における2重マルコフ連鎖の一般的な能力の検討, 情報処理学会第51回全国大会, 1995.
  176. 山本 和英, 増山 繁, 内藤 昭三, 分類体系相互の関係を利用したテキストの自動分類, 情報処理学会研究会, NL106-2, 1995.
  177. 中山 慎一, 増山 繁, 外平面グラフ上の効率の良い並列アルゴリズムについて, 統計数理研究所共同研究リポート77, 最適化: モデリングとアルゴリズム7, pp.268-276, 1995.
  178. 中山 慎一, 増山 繁, 外平面グラフ上の最大流量を求める並列アルゴリズム, 情報処理学会研究会, AL43-8, 1995.
  179. 渋谷 徹, 阪田 省二郎, 増山 繁, フラクタルブロック符号化の高速化, 電子情報通信学会 技術研究報告, IE94-92, 1994.
  180. 島田 稔, 増山 繁, 濃度値に基づいて分割された画像とフィルターを用いたモルフォロジー処理, 電子情報通信学会 技術研究報告, IE94-90, 1994.
  181. 金山 知俊, 阪田 省二郎, 増山 繁, 様々な樹種に対応可能な樹木の成長モデル, 電子情報通信学会 技術研究報告, PRU94-87, 1994.
  182. 三輪 倫子, 山本 和英, 増山 繁, 内藤 昭三, 「コ」「ソ」系指示語の用法に関する仮説とその検証, 情報処理学会 第49回全国大会, 1994.
  183. 山本 和英, 増山 繁, 内藤 昭三, 文章内構造を複合的に利用した論説文要約システム GREEN, 情報処理学会研究会, NL99-3, 1994.
  184. 渥美 清隆, 増山 繁, 複数候補を出力する非文訂正法のOCR出力の 誤り訂正への応用とその候補選出について, 情報処理学会研究会, NL104-4, 1994.
  185. 中山 慎一, 増山 繁, 外平面グラフ上のst-最短経路を求める並列アルゴリズム, 情報基礎理論ワークショップ(LAシンポジウム), pp.5-8, 1994.
  186. 渥美 清隆, 増山 繁, Earley法に基づく並列構文解析を利用した自由度のある非文訂正法, 情報基礎理論ワークショップ(LAシンポジウム), pp.1-4, 1994.
  187. Cheng Peng, Shigeru Masuyama, On the importance of each edge with respect to minimum spanning trees in a weighted graph, 統計数理研究所共同研究リポート61, 最適化: モデリングとアルゴリズム5, pp.127-142, 1994.
  188. 中山 慎一, 増山 繁, 外平面グラフ上のst-最短路を求める並列アルゴリズム, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 秋季研究発表会, pp.240-241, 1994.
  189. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, On the importance of each edge with respect to minimum spanning trees in a weighted graph, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会, pp.55-56, 1994.
  190. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, On the importance of each edge using its traffic along shortest paths in a network, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会, pp.53-54, 1994.
  191. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, AGVシステムにおける最悪移動完了時間の理論的解析, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会, pp.252-253, 1994.
  192. 渥美 清隆, 増山 繁, Earley法に基づく文脈自由文法の並列構文解析, 電子情報通信学会 技術研究報告, COMP94-11, 1994.
  193. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, AGV (Automatic Guided Vehicle) システムにおける最悪移動完了時間, 電子情報通信学会 技術研究報告, COMP94-10, 1994.
  194. 程鵬, 増山 繁, Computing the number of minimum spanning trees containing each edge in a weighted graph, 電子情報通信学会 技術研究報告, COMP94-9, 1994.
  195. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, On the importance of each edge with respect to minimum spanning trees in a weighted graph, 7th Franco-Japanese Days on Combinatorics, Optimization and Computational Geometry, 1994.
  196. Atsushi Sasaki, Shigeru Masuyama, Eiki Yamakawa, The worst case analysis of the finishing time of vehicle movement in an AGV system, 7th Franco-Japanese Days on Combinatorics, Optimization and Computational Geometry, 1994.
  197. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, AGV (Automated Guided Vehicle)システムの理論的解析, 日本品質管理学会第48回(中部支部第12回)/日本経営工学会中部支 部/ 日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部 研究発表会.
  198. 佐々木 一朗, 増山 繁, 内藤 昭三, 結束チャートの自動生成と日本語文章の語彙的結束構造解析への応用, 情報処理学会研究会, NL95-8, 1993.
  199. 藤澤 伸二, 増山 繁, 内藤 昭三, 省略補完における談話的制約の有効性の検証, 情報処理学会研究会, NL96-6, 1993.
  200. 鈴木 斎, 増山 繁, 内藤 昭三, 語の意味分類の出現傾向を考慮したキーワード抽出の試み, 情報処理学会研究会, NL98-10, 1993.
  201. 佐々木 一朗, 増山 繁, 内藤 昭三, 語彙的結束性に着目した文章抄録法の提案, 情報処理学会研究会, NL98-9, 1993.
  202. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, AGVシステム中の許容台車数について, 電子情報通信学会 技術研究報告, COMP93-63, 1993.
  203. Peng Cheng, Shigeru Masuyama, Computing the weight of each edge with respect to shortest paths in a graph, 電子情報通信学会 技術研究報告, COMP93-62, 1993.
  204. 佐々木 淳, 増山 繁, 山川 栄樹, AGVシステムに於ける許容台車数の理論的解析, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 秋季研究発表会, pp.50-51, 1993.
  205. 程鵬, 増山 繁, 確率グラフ上の辺素なs-t路の期待最大本数の下界値, 電子情報通信学会 技術研究報告, COMP93-7, 1993.
  206. 程鵬, 増山 繁, Computing the expected maximum number of vertex-disjoint s-t paths in a probabilistic basically series-parallel digraph, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会, 1993.

その他, 学術論文に準ずるもの

  1. Shin-ichi Nakayama, Shigeru Masuyama, A simple near optimal parallel algorithm for recognizing outerplanar graphs, Journal of Mathematics, Tokushima University, 30, pp.71-80, 1996.
  2. 程鵬, 増山 繁, ネットワークにおける辺の重要度の評価について, 京都大学数理解析研究所, 数理科学講究録, 871 (計算量), pp.100-104, 1994.
  3. 山本 和英, 増山 繁, 内藤 昭三, グラフ節点のある種の線形配列問題について, 京都大学数理解析研究所講究録, 833 (計算機構とアルゴリズム), pp.91-97, 1993.
  4. Shigeru Masuyama, Yoshimasa Takahashi, Tohru Okuyama, Shin-ichi Sasaki, On the largest common subgraph problem, 京都大学数理解析研究所講究録, 731 (アルゴリズムと計算量の理論), pp.195-201, 1990.
  5. Ze-Zeng Zhang, Shigeru Masuyama, Toshihide Ibaraki, Hisashi Mine, Graph packing over a rooted tree, Memoir of the Faculty of Engineering,Kyoto University, 49, 2, pp.206-215, 1987.

総説

  1. 増山 繁, 山本 和英, テキスト自動要約における新たな展開と展望 —統計的方法,換言処理,そして…—, 情報処理, 43, 12, pp.1310-1316, 2002, (特集「テキスト自動要約—知的活動支援の基本技術として—」,奥村,久光,増山編).
  2. Shigeru Masuyama, Shin-ichi Nakayama, What Structural Features Make Graph Problems to Have Efficient Parralel Algorithms? --Using Outerplanar Graphs, Trapezoid Graphs and In-Tournament Graphs as Examples -- (Invited Survey Paper), IEICE Trans. Inf. & Syst., E83-D, 3, pp.541-549, 2000.
  3. 増山 繁, 平面およびネットワーク上の施設配置問題, BASIC数学, 24, 7, pp.49-55, 1991.
  4. 増山 繁, 室 章治郎, 長谷川 利治, 分散データベースの同時実行制御, システムと制御, 29, 6, pp.351-359, 1985.
  5. 増山 繁, 室 章治郎, 長谷川 利治, 分散データベースの問い合わせ処理, システムと制御, 29, 4, pp.223-231, 1985.

著書

  1. 増山 繁, ビザンティン合意問題とその周辺, 伊藤大雄,宇野裕之編著, 離散数学のすすめ, 現代数学社, 第19章, 2010, (分担執筆).
  2. 増山 繁, 中山 慎一, 並列分散その1:並列グラフアルゴリズム, 杉原 厚吉, 茨木 俊秀, 浅野 孝夫, 山下 雅史 編, アルゴリズム工学, 共立出版, 4章 4.15節, 2001, (分担執筆).
  3. 増山 繁, 言語:自然言語処理のアルゴリズム, 杉原 厚吉, 茨木 俊秀, 浅野 孝夫, 山下 雅史 編, アルゴリズム工学, 共立出版, 4章 4.19節, 2001, (分担執筆).
  4. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 編, OR用語辞典, 日科技連出版社, 2000, (分担執筆).
  5. 日本オペレーションズ・リサーチ学会 編, OR辞典2000 (CD-ROM), 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 2000, (分担執筆).
Language Data Mining & Algorithm Laboratory | +81-532-47-6867
Toyohashi University of Technology